• 2018年10月30日
    まだまだ残る台風の爪痕

    知多市を拠点に家創り奮闘中の高橋建設高橋です。

    この写真なんだかわかりますか?

    今年の台風24号、25号は経験したことのないような雨と風でかなりの被害があったかと思います。

    こちらの家も木が折れて屋根に被さっており、不安なので何とかしてほしいと連絡がありすぐに駆けつけました。

    どういう状態でどのような対処が必要なのかは現地でないとわからない部分があります。

    こちらの家も作業スペースや全面道路が狭く、車両が限定されるなどいろいろと制約がある中でどのような施工方法が最適かを判断して早急に見積もり作成です。

    たて続けに次は台風で屋根の瓦が飛んでったので見てほしいとのことで現地確認しに行きました。

    現地にで確認すると棟瓦が一枚飛んでいました。さらに棟瓦が飛んだ際周りの瓦に当たり他の瓦も割れてしまっていました。

    今の瓦は釘で固定するのが一般的ですが、昔は屋根の上に泥をのせてそれで瓦を固定していました。今年の台風で被害に遭った瓦のほとんどは泥葺きの瓦でした。

    このままでは雨が入って中の構造材・仕上げを悪くしてしまうので直ちに雨が入らないように応急処置してきました。こちらも送球に見積もりを提出の流れです。

    どれくらいの金額が掛かるのか、保険を使うのか使わないのか、保険は契約内容で保証金額や免責が違うので今回大丈夫だった人も今後どんな災害が起こるかわからないので契約内容を確認しておくと良いと思います。

    まちを走っていてもまだブルーシートや防水シートのところを見かけますよね。まだ台風の影響で瓦屋さんや板金屋さん・外壁屋さんなどすぐの対応が難しくなっているのが現状です。

    お家を建てて終わりではなく、皆様の生活する中での困りごとを解決していくことも私たちの使命かなと感じております。

    そんな方は高橋建設にご一報を!