• 2019年6月29日
    【現場監督の家創り】 はじめに

    知多市で家創りをする現場監督です。

    お家をすでに建てられた方、これから検討される方、中古物件を購入してリノベーションをお考えの方、それぞれあると思います。

    お家は人生で一番大きな買い物と言いわれておりますが、その一回をどのように
    進めているでしょうか。

    不動産屋さんに相談する、設計士に相談する、工務店に相談する、知り合いに相談する。いろいろあると思います。

    では実際はどうなんでしょうか。

    土地探しから、プラン、完成まで皆さんがどのように進めて何を決めるのか、
    どこにお金がかかるのかわかりますか。

    初めから出来る人なんていないのでわからないのが普通です。

    でも失敗はしたくない、理想のお家を建てたい。

    それは私も同じです。
    むしろ家創りは私の夢なので家創りにかける想いは
    人一倍強いはずです。

    そんな大事な家創りを失敗しないために
    自身の経験が少しでも皆様の家創りの役に立てないかと考えました。

    そこで、これから家が完成するまでのプロセスをこのブログで
    更新していきたいと思います。

    お客様目線、監督目線、両方の立場から書いていきたいと思いますので
    興味のある方は覗いてみてください。

    2019年6月28日
    上棟しました

    知多市・東海市・常滑市を中心に新築・リフォーム工事を行う高橋建設です。

    知多市にて新築工事の現場

    予定であれば昨日上棟する予定の現場でしたが
    昨日はまさかの台風直撃ということで今日上棟となりました。

    本日は天候にも恵まれ、構造材も濡れずにすんだので、良かったです。

    外からですが実物を見ていただき、実感が湧いてきたようでした。

    蒸し暑い中頑張っていただいた大工さんには感謝です。ありがとうございます。
    お施主様も気を使っていただき、冷たいものを差し入れしていただきありがとうございました。
    上棟おめでとうございました。これからも宜しくお願い致します。

    2019年6月21日
    洗面のイメージが変わりました。

    知多市・東海市・常滑市を中心に新築・リフォーム工事を行う高橋建設です。

    東海市にて洗面脱衣室の改修工事
    洗面化粧台の天板を広く使いたいとのことで洗面をリフォームしました。
    床も大理石調のフロアタイルに張替えイメージがガラッと変わりました。
    洗面背面のモザイクタイルは新築時にキッチン背面に張ったタイル余りがあり、
    それを張りました。洗面の雰囲気にピッタリです。


    「工事前」


    「工事後」

    2019年6月19日
    危ないブロック塀って結構あります。

    知多市・東海市・常滑市を中心に新築・リフォーム工事を行う高橋建設です。

    地震のことを考えてブロック塀が倒れないようにしてほしいと依頼があり、
    ブロックを解体してアルミフェンスにする方向性になり
    昨日から解体していたのですが、写真にある茶色い枯れ木のようなもの、
    これがブロックの強度を持たす重要な鉄筋です。
    この錆びてボロボロの鉄筋で持ってたと思うとゾッとします。

    昨日夜新潟で大きな地震が起き亡くなられた方もいると報道されていました。
    ご冥福をお祈りいたします。
    私たちの住む地域も今日、明日に地震がきてもおかしくありませんの危ないところのチェックは早期に
    していきたいものです。

    もちろんですが新たにお家を創る方は耐震性能がしっかりしているところにお願いすることを
    おすすめ致します。

    2019年6月15日
    木から生まれた断熱材

    知多市・東海市・常滑市を中心に新築・リフォーム工事を行う高橋建設です。

    これなんだかわかりますか?
    そうです。壁です。

    日本ではまだまだ認知度の低い断熱材で
    環境先進国ドイツで生まれたウッドファイバーという
    木のチップを使用した環境にやさしい断熱材です。

    環境にやさしいけど性能が低いのでは?
    と思われた方もいると思います。

    少し紹介します。
    この断熱なにがいいのか?

    吸放湿性能と蓄熱性能が断然いいんです。

    それでは吸放湿性能がいいとなぜいいのか?

    木の力で壁の中の湿度を整えるからカビやダニ、シロアリの発生を抑え
    夏のジメジメ、冬の乾燥が軽減され、家の耐久性が向上します。

    蓄熱性能がいいとなぜいいのか?
    熱容量が大きいため「熱しにくく、冷めにくい」
    日中と夜の室内温度差が少ないんです。

    これにより年間を通して温度変化の少ない快適な室内になります。

    当社の事務所でもこの断熱材を使用しています。
    「気持ちいい空間のお家」をお求めの方にはおすすめです。

    2019年6月12日
    基礎のチェックは大事です

    知多市・東海市・常滑市を中心に新築・リフォーム工事を行う高橋建設です。

    現在知多市で進行中の新築現場です。

    昨日は基礎のアンカーボルト・ホールダウンの確認に行きました。

    正面にある長い棒、これがホールダウンで地震や台風時柱にが土台から抜けてしまわないように固定する役目があります。

    短い棒がアンカーボルトです。こちらは土台と基礎を固定する役目があります。

    両方とも無くてはならない大事な金物でコンクリート打ってからでは取付が困難なため
    位置が間違っていないか、コンクリートから出る長さは適正か、曲がっていないか等を
    全数しっかりと確認してきました。

    2019年3月9日
    支援事業説明会

    知多市・東海市・常滑市を中心に新築・リフォーム工事を行う高橋建設です。

    昨日は経済産業省、環境省、国土交通省が主催する、ZEH等に対する支援事業の
    3省合同の説明会に参加して参りました。

    世界的に温暖化現象が進み、このままでは海面上昇等地球規模の問題になることが予想されております。
    そこで建築の分野でもCO2排出を減らしエコを進めていかなくてはなりません。
    ということで2020年に向けての国の補助金の制度た取り組み内容を聞いてきました。

    2019年2月28日
    工場から住宅へ

    知多市・東海市・常滑市を中心に新築・リフォーム工事を行う高橋建設です。

    こちらは自動車部品を作る機械の部品を製造している工場で、その機械の足元での1枚。
    すごく大きな機械なんですが、この機械の補強をお願いしたいので一度見てほしいとのことで
    昨日伺ってきました。
    私は前職は総合建設業(ゼネコン)で働いていたこともあり、商業施設や大きな工場などを経験させて
    いただいたこともあり、声をかけて頂きました。去年は工場の防音工事もさせていただきお世話になっている現場です。



    昼からはリフォーム工事の打合せ
    この写真はビフォーアフターではないですが、洗面所をこんな感じにしたいと送っていただきました。
    こちらも長い付き合いになりますので、写真を送っていただいてから打合せに行くまでに
    「こんな感じにしたいのでは?」とイメージしていろいろ用意をしていきました。
    10年前に新築させていただいたのですが、他にも面白い提案を頂きました。

    子どもが楽しそうに遊んでます。「こんな風にしたいです。」といただきました。
    そのほかにも壁を破って広い空間にしたい等要望を頂きました。
    相談を受けてる中「ここをこうしたら楽しそう」とか「こうしたらもっと収納を有効利用できそう」とか
    とても楽しそうに打合せさせていただき、しっかりと要望を聞いて
    夢をカタチに変えていきたいと思います。
    工事をさせていただくこちらがなんだかワクワクしてきます。

    夕方からは新規で事業を始めるので、その倉庫兼事務所を建てたいとのことで
    知り合いから当社を紹介していただき、声をかけて頂きました。
    雑談を含めていろいろと話をさせていただきイメージをカタチにするべくプランを作成していきます。

    長い付き合いをさせていただいていることに感謝です。いろいろな人に支えられていると感じた日でした。
    そしてこれからも家とそこに住まう人と共にお付き合いしていきたいです。

    2019年2月21日
    1年点検へ

    知多市・東海市・常滑市を中心に新築・リフォーム工事を行う高橋建設です。

    昨日はちょうど1年前竣工した現場の1年点検に行ってきました。

    とてもきれいに家を使ってくれており竣工時は空っぽだった空間が
    家具や家族の写真などでお客さんの空間になっており、らしさが出ておりました。

    1時間程内部をしっかり点検させて頂き、クロスの開き等があったので日程を決めて
    メンテナンスをさせて頂く運びです。
    ヒアリングした中に、住み心地はとても快適とお聞きしこれからも快適な家作りに精進していきます。

    2019年2月18日
    ご自由にどうぞ!!

    知多市・東海市・常滑市を中心に新築・リフォーム工事を行う高橋建設です。

    ちょっと見にくいですが廃材で作った木箱です。

    会社の前にたまに出してあるんですが、この中には現場でいらなくなった木材を入れております。
    現場で木材を発注する際は通常4mとか長いものがほとんどです。通常カットして使用するのですが
    例えば4mの木材で使いたい部分は3.6mだと40cm余りますよね。
    先日ホームセンターに行った際10cmほどの木っ端が100円で売られていました。
    これを買うなら余っている材料をタダで持って行ってもらえばDIYや薪ストーブの焚き付け等に使用してもらえるのではということで、箱を作ってみました。
    日によって入っているものが違うと思いますが、たまに高価な木材が入っているかも。

    興味のある方はどんどん持って行ってください。

    2019年2月17日
    最終検査へ

    知多市・東海市・常滑市を中心に新築・リフォーム工事を行う高橋建設です。


    昨日は年末に建物の引き渡しをした物件の外構工事の最終検査を行ってきました。
    中庭の写真なんですが、みんなで集まって初めてオーニングを張り出してみたんですが
    これから暖かくなるにつれてお友達を呼んでバーベキューをしたり、いろんな創造が出来た
    夢膨らむワクワクした時間でした。
    こちらのお宅は隣接した敷地内に両親が住まれているので、駐車場やバックヤード
    など共同で使用されるため検査も息子さん家族・お父様・建築士さんと私で行いました。

    一部残工事は残っているのですが、リストを作成してそれを確認しながら全員で共有してきました。
    外部に関しては共有で使用される部分もあるので、息子さんの視点・お父様の視点を共有する必要があります。
    今回問題に上がったのは勝手口にセンサー付きの照明があるのですが、息子さんはそこに通勤で使用する自転車を置いており、帰ってきたときに明かりがほしい。お父様宅は勝手口横がリビングになるので夜でも猫が通るたびに照明が付くので切ってほしいとのこと。それとコンクリートの打設範囲のこと。
    その点も含めて方向性を共有してきました。

    今回は照明でしたが、図面だけではわからないガラスの位置が道路から丸見えになっていないかだとか・メンテナンスがしやすいようになっているか・騒音対策などなど・・・
    家を建てて窓を開けたらお隣さんの窓が目の前にあったらイヤですよね。
    でも実際は結構あることなんです。図面にはお隣の間取りまでは載ってませんので。
    そこはプロが敷地を確認して、そこにあったお家を提案していければと思います。
    隣接しているお宅や隣接道路からなどいつもお家を創る時には客観的な視点で見るようにはしておりますが、もう一歩配慮が必要だと痛感しました。

    あと、1つすごいと思ったのは、ここのお宅の横が通学路になっているのですが、通っていく小学生全員が大きな声で挨拶してくれるんです。ほんとに全員です。強面の職人さんにもしっかり挨拶してました。笑。完全に大人の方が元気は負けてましたね。
    近隣小学校の教育もあると思いますが、近隣さんとのつながりも良好で個人的には「サザエさん」のようななんか温かいつながりのあるいいところだと感じました。
    当たり前と思うかもしてませんが、当たり前のことが当たり前でなくなってきているので、これってすごいことだと思います。
    お家は自由に創れても周りの環境は選べれないので、こういう横のつながりのある地域はいいですね。

    2019年2月15日
    こんな時どこに頼んだらいいの?

    知多市・東海市・常滑市を中心に新築・リフォーム工事を行う高橋建設です。

    車がバックしたときにぶつかってしまったようです。
    こういう時はどこに連絡しますか。
    石屋さん?外構屋さん?便利屋さん?

    こちらの写真はタイルの角が掛けてしまっています。
    車いすを使用する際ぶつけてしまったようです。
    この場合はどうでしょうか。
    左官屋さん?タイル屋さん?お風呂のメーカー?

    知り合いに専門職がおられる方はいいと思いますが、
    住み始めるといろいろなメンテナンスが必要になります。
    その都度専門職を探して連絡するのは大変です。

    最近、「小さいことなんですけど工事してもらえますか?」と電話を頂くことがあります。
    もちろん大丈夫です。小さい大きいは関係ないので。

    そんな時は建設屋に連絡してみてはいかがでしょうか。
    現地を見て適切な専門職に連絡し、状況説明することでスムーズに話を進めることが
    出来ると思います。
    もう一ついいことは建設屋は総合職なのでいろいろな知識があります。
    使い勝手におおじて別の提案をすることが出来ます。
    この場合タイルの張替だけではなく別に保護をする必要がありそうです。
    年数がたってくると排水管の洗浄や水栓の水漏れなどメンテナンスは多岐に渡ります。

    急を要する問題が起きる前に掛かりつけの病院があるようにお宅のメンテナンスをしてくれる
    建設屋を探しておくことをおすすめします。