• 2020年5月20日
    基礎の中の鉄筋を検査


    新築住宅の基礎工事が進行中の現場です。

    こちらの現場で今日は、鉄筋の検査をしてきましたので、何を見るのかほんの一部紹介致します。

    住宅の場合、一般的に長い鉄筋が必要な場合は、鉄筋を重ねて強度を保ちます。
    これを「重ね接手」といいます。
    そのまんまですね。
    鉄筋が太い場合等他にも別の強度を出す工法もあります。

    重ねる長さはコンクリートの強度と鉄筋の径と鉄筋の強度で決まります。
    今回は鉄筋が13mmで鉄筋径の40倍以上の長さがあればOKとなります。
    13×40=520mm 52㎝以上鉄筋が重なっていれば大丈夫です。

    測ってみると85㎝重なっているので十分ですね。
    鉄筋屋さんありがとうございます。


    次に鉄筋の下に引いてある防湿シート。
    これは土の湿気を建物に入れないためにとても大切なものになります。
    昔の家は床下が土でしたので湿気が多く、木が腐りやすかったり、白蟻等の被害も多かったので
    このフィルムが土の湿気を基礎のコンクリート内に上げないようにシャットアウトしてくれています。

    鉄筋の作業をしている時に破れた箇所があったので、小さい穴も塞いでいきます。

    これらは建物が建ってからは全部見えなくなってしまうので、そんなところこそしっかり見る必要があります。

    2020年4月11日
    ウッドデッキは初めが肝心!!


    木が腐ってきたので悪いところを直してほしいとの依頼で
    ウッドデッキの修繕を行ってきました。

    木はスカスカで踏むとフワフワする感じ
    そういう時は気を付けてください。床が抜けちゃいます。

    こちらのお客様はこまめに塗装を掛けていたのですが刷毛の入りにくい塗装のできないところから順に悪くなってきてしまいました。
    なので木の腐っているところを撤去して新しい木に入れ替えてきました。

    今回はレッドシダーを使用しましたが、ウッドデッキの木って実はいろいろ種類があるのをご存知でしょうか。
    堅い木もあれば軟らかい木もあり、人工の木もあります。

    結局なにが一番いいの?
    それは用途や予算によって人それぞれです。

    堅い木は
    耐久性がよく、メンテナンスも容易ですが、初期費用が高く、加工が大変です。長期的に見ればおすすめですが。

    軟らかい木は
    加工がしやすく、初期費用が安いのが特徴です。
    メンテナンスをしっかりしないと腐ってしまうので注意。節も堅木に比べると多いです。

    人工木
    メンテナンスが苦手な方でウッドデッキが欲しい方はこれです。
    見た目も人工とはわかりづらくなってきており、耐久性もあります。

    ウッドデッキ検討中の方はプロに相談して用途に合ったものにしてくださいね。

    ウッドデッキでバーベキューをしたり遊んだり、楽しいことは山積みですが怪我をしないようにメンテナンスも忘れずに。


    今日は暖かいこともあり猫ちゃんも興味津々でしっかりと現場確認をしていてくれました。

    2020年4月3日
    いろいろ修繕工事


    見ての通りブロックが壊れてしまってます。
    聞くとこのブロックが壊れるのは今回で3回目だそうです。

    運転する側からすると、この高さはミラーの死角になりやすく、ぶつかるようです。

    そこで次は無いよう目立つように黄色のアーチを付けてみました。
    運転席からもバッチリ見えます。
    これでぶつかったらしょうがありませんね。


    次は現在進行中の現場のガラスにフィルムを張りました。
    フィルムを張る目的は視線を遮りたい、デザインを入れたい、熱を反射させたい等々ありますが、
    今回は紫外線をカットする目的で透明フィルムを張りました。

    やってるのを見ていると簡単そうに見えますが実際やってみると空気が入ったり、熟練の技が必要な工事です。
    もちろん今回も綺麗にフィルムを張っていってくれました。いつもありがとうございます。

    次は木造のリフォーム現場。今日から解体がスタートしました。
    お客様の生活が快適になるようしっかり工事します。完成が楽しみです。


    見た通り、バリバリのタイルにコンセントを何とかしてほしいとの依頼で現地を確認しに行ってきました。
    やはり現地に行かないとわからないこともあるのでその辺は大事にしていきたいと思います。

    昨日は進行中の現場、修繕工事のいろいろをあちこち走り回ってました。

    大小に関わらずお困りごとがありましたらお気軽にご連絡をくださいね。
    意外と問題点は別のところにあったり、些細なことだったりしますよ。

    2020年3月30日
    ショールームでスッキリ。


    キッチンがズラリ
    そうです。キッチンを見るためにショールームに行ってきました。

    今回のお客様とキッチンを見る目的で行くのは3回目。
    そんなに何回も言って何か変わるの?と思うかもしれないですが…
    変わるんです。

    1回目は漠然とイメージして各メーカーのショールームに行き、特長を聞いて絞り込み。
    この段階ではまだほぼプランが決まったかな。という段階。

    2回目はメーカーを決めて実際に自分に合った仕様を選び、予算を確定させる目的。
    この段階はプランも決まり、予算調整の段階。

    3回目は実際の生活に合わせた使い勝手を再度確認しにいく目的でした。

    3回ともショールームはほぼ変わっていません。
    変わったのはお客様の廻りの環境です。
    家創りをする中で始めの描くイメージと実際の使い勝手を意識したイメージとだと
    見る視点も全然変わってしまいます。
    特にキッチンは使用頻度が高い機器になるのでなおさらです。

    ゴミ箱はどうするのか。キッチンの上にコンセントはいるのか。扉は取手を付けるのか、プッシュラッチにするのか。等々
    確りとイメージしないと後悔しますので、そんなことの無いようしっかりサポートしていきます。

    だいぶスッキリされて帰っていただけて良かったです。

    2020年3月18日
    2階は暑い!!

    玄関を入ると大きな吹き抜けからの階段です。

    こちらのお宅の写真正面の窓から西日が入ってきて夏場は暑くて…何とかならないか。
    との依頼でした。

    今は冬なのでまだいいですが、夏はロフトや2階は1階に比べると暑いですよね。
    あったかい空気は上に、冷たい空気は下にいきます。

    吹抜けは解放的でいい部分もありますが温熱環境を考えないと大変なことにもなります。
    リビング等に吹き抜けを計画する際は、見た目だけで決めると住んでから大変なことになるので注意してくださいね。

    今回は、はめ殺し窓(開かない窓)を内倒し窓に取り換えて空気の入れ替えができるようにしました。

    夏の暑い空気を少しでもこの窓から出して快適に過ごしてもらえると幸いです。

    2020年2月19日
    鉄筋の検査

    昨日は知多市内の新築現場で基礎鉄筋の検査をしてきました。

    鉄筋の検査って何を検査するのかご存知ですか?

    設計図に基づいてきちんと鉄筋が組まれているのかを確認していきます。
    ここまでは専門知識がなくてもがんばれば検査は出来ます。

    現場と図面が一緒になっているか確認すればいいので。

    ここからが専門知識が必要なところです。
    例えば
    鉄筋が一本4mなのでそれ以上の長さの所はもう一本つながなくてはいけません。
    その際の鉄筋のつなぎ目はどうするの?

    鉄筋を火であぶり鉄を溶かして接着する圧接。
    鉄筋をラップさせて一体化させる重ね接手。

    これらには鉄筋の種類、コンクリートの強度によって全部数値が決められています。

    その他鉄筋の検査項目だけでも数十項目になります。
    基礎はお家の基盤になるところなので確り知識のある専門家に依頼してくださいね。

    住宅の現場監督は建築士や建築施工管理技士の資格は必須ではありません。
    しかし、そういった知識があるかの一つの指標として資格を持っているということは大きいかもしれないですね。
    ただ資格だけではないので。

    カタログやサンプルが雑然と置かれており、まるで引っ越しの時のようです。
    これは昨日の会社の様子です。

    そうです、まさしく引っ越しの準備で古いカタログなどを振り分けているところです。
    毎年商品が新しくなるたびに更新されるカタログたち。不要になるものもかなりの量です。
    こう見るとカタログ等の紙もこれだけあるとエコではないですね。

    20日に完全に事務所を移転しますので宜しくお願いします。
    場所は現事務所の目の前ですので、気軽にいらしてください。

    2020年2月9日
    見えないところが大事です。

    午前中は現在2世帯住宅を計画中のお客様と打ち合わせだったのですが、
    その時お持ちいただいたイメージスケッチです。

    現在そこに住んでおり、建て替え予定なのですが数十年住んでるため
    風や日光の当たり方まで熟知しており、いろいろ教えていただきました。
    それを踏まえてしっかりと家創りしていきたいと思います。

    こちらのお宅これからプランの作成を進めていくのですが、
    親世帯、子世帯ともに家族とはいえ、イメージしている生活、使い勝手は違いますよね。

    これからそれぞれにしっかりとお話を伺いながら進めていきます。

    午後からは、ミニマルなデザインが印象的なお家
    こちらの1年点検に行ってきました。

    新築時とほぼ変わらずすごく綺麗に生活されておりました。
    普段から物が多いのがあまり好きではないとの事でしたが、
    大事に使っていただいてるのを感じて、とても嬉しかったです。

    昨日も外は寒かったんですが、中に入らせていただくとホワッと暖かかったのですが
    普段暖房はたまにつけるくらいであまりつけないとのこと。
    それであの空気感・・・羨ましい限りです。

    断熱がしっかりしてないとそうはいきません。
    目には見えないところですが、そういうところが大事です。

    こちらのお客様家創りの段階からしっかりと計画されており、
    器具から仕様までいろいろ調べ、私たちでも知らなかったこともありました。
    それでも、実際に生活してみて
    ここをこうしとけばよかった。ということもありました。

    ただ家というハコを造るのではなく生活のイメージが湧くようにアドバイスし、
    今後もお客様と一緒に家創りの楽しみを共有していければと幸いです。

    点検して是正するところも速やかに対応をしていきたいと思います。

    2020年2月6日
    新商品内覧会


    業者向けに行われたLIXILの新商品内覧会に行ってきました。

    内部は撮影禁止だったので写真はありませんが
    現在採用を検討しているものがあり、
    でも、ショウルームにもまだ展示がない…
    それで今回内覧会で現物が見れるということでちょうどよかったです。

    図面でイメージは出来ますが、やはり現物を見て色々確認したいですよね。
    やっぱり見たこと無いもの付けるのは不安なので。

    今回外付けブラインドを目当てに行ったのですが、以前はドイツのメーカーのものを
    使用しておりましたが、納期の面、メンテナンスの面等を踏まえて国内メーカーでないかな。
    と思っていたところでした。

    外付けブラインドですが主な用途は日差しをコントロールすることです。
    パッシブデザインで最近よく採用されることが多くなってきました。
    ブラインドの角度を調整することで
    夏は日差しを内部に入れずに日陰を作り、
    冬は日差しを取り入れ内部をポカポカ暖めてくれます。

    自然の力をうまく使い光熱費も削減できるんです。

    しっかりと特長や使い勝手や見た目もチェックしてきましたよ。
    現物を見ないとお客様にもはっきりしたことを伝えることもできないので
    とてもいい機会でした。

    2020年1月30日
    これからの建物。国の方向性は?



    昨日は国土交通省の開催している講習会に参加してきました。

    何の講習かと言いますと。

    地球温暖化対策として、温室効果ガス排出削減等のための新たな国際枠組みとして
    パリ協定を採択しました。

    そこで日本は中期目標として、2030年度に2013年度比で温室効果ガスを
    26%減目標と位置付けました。

    それを達成するために「建築物省エネ法」の改正の説明とそれに伴う省エネ基準の講習でした。

    省エネの住宅には補助金を出し、国としても省エネを推進しております。

    私たちの住んでいる住宅も電気、ガスを消費するたびにCO2を排出しております。
    そういった意味では、地球にやさしいお家が、永い目で見ると経済的で健康なお家に
    繋がっていきます。
    HEMS等が出てきましたが、エネルギーの大切さというのは、
    世間からの関心がまだまだ低いと感じております。

    今後お家創りに携わる私たちが率先して情報発信をしていかなければいけないと
    思った次第であります。

    2020年1月24日
    商品はどうやって選ぶの?


    なんだか色とりどりのカウンターが並んでますね。
    新築を検討中のお客様とショールームに行ってきました。

    これだけの種類があると迷ってしまいますよね。

    全部から選ぶと思うと大変ですが、何を一番大事にするかによって

    種類はだいぶ絞れてきます。

    その中で次に何を重要視するのか。そういう決め方をすると

    自分に合ったものをセレクトできます。

    お家創りをする中で、お客様の一番を一緒に探していくのが

    私たちの役目だと思います。

    そういったパートナー選びも家創りでは大事ですよ。

    2019年11月29日
    【現場レポート】門扉のみ…取換えしました

    知多市・東海市・常滑市を中心に新築・リフォーム工事を行う高橋建設です。

    玄関前の門扉の取り換えをしました。

    門扉のみ?と思われた方もいると思いますが
    普通は扉と扉を支える柱がセットになっており、

    「門扉を取り換えてください」

    とお願いすると業者は全部取替えをイメージします。
    今回はハンドル部分の動きが悪くなってきたのとフランス落としの調子が悪く
    なってきたのと色が剥げてきたので門扉を変えたいです。との依頼でした。

    取換え前↓

    取換え後↓

    左右の柱はそのままなんです。
    部品代も安くなり、工事費も柱がない分安くなりました。
    ただ、全ての門扉ができるわけではないので
    規格が合うものがあるのかしっかり確認は必要です。

    次に取付ける新しいものを選ぶ時間が楽しいとおしゃってました。
    リフォームも楽しんでいただけると、こちらも嬉しいです。

    お客さんの困りごとを理解し、最善の提案をしていきたいと思います。

    2019年11月29日
    【現場監督の家創り13】建築家との打ち合わせ6回目

    設計もプランが大方決まってきてこれからは細かい仕様に入っていく段階です。
    今回は気になる点を中心に打ち合わせをしました。

    まずは現場で建築家と待ち合わせをし、現地の状況確認から始まりました。

    ちょうど解体工事が終わりやっと家の建つイメージが湧いてきたところです。
    この日は建物の位置決めを行ってきました。
    ここの土地は周りが崖のため崖条例という規制が掛かり、
    敷地のどこでも建てれるわけではないので、事前に確認はしておりましたが
    そういう土地が候補に上がってる方は土地を購入前に
    家創りをサポートしてくれる方に確認することをお勧めします。

    位置決める条件はいろいろあるのですが、今回は庭の有効活用を一番に位置を決めました。
    設計当初は南向き家を建てる予定でしたが、
    解体が終わって実際位置を出してみると、その位置では庭が全然取れない…
    ということで真南は諦めて南西に向けて家を建てることになりました。
    これなら全面道路に平行で庭も最大限にとれるのですが、
    西日の対策だけは必要になってくるのでこれから検討していこうと思います。

    場所を移して
    まずはサッシの話です。

    基本的には家全体をYKKというメーカーの樹脂サッシを検討しています。
    しかし、リビングに大きな掃き出し窓を計画していたのですが
    大きいサイズになると樹脂サッシが無く、アルミになるとのこと…
    住宅でどこから熱が逃げていくかというとほとんどが窓です。
    なのでリビングの窓の性能はなるべく落としたくない。
    そこで他メーカーも含めて検討してみると樹脂ではありませんが
    樹脂とアルミのハイブリット窓を発見。
    ということでリビングのみ他メーカーになりそうです。

    そんなこと出来るの?と思われるかもしれませんが
    窓の目的がはっきりしていればそれに合わせた窓を作っているところを
    探せばいいだけなので、その窓が光を入れたいのか、風を入れたいのか、人の出入りなのか
    用途を決めて窓も配置したいものです。