2020年2月19日
鉄筋の検査

昨日は知多市内の新築現場で基礎鉄筋の検査をしてきました。

鉄筋の検査って何を検査するのかご存知ですか?

設計図に基づいてきちんと鉄筋が組まれているのかを確認していきます。
ここまでは専門知識がなくてもがんばれば検査は出来ます。

現場と図面が一緒になっているか確認すればいいので。

ここからが専門知識が必要なところです。
例えば
鉄筋が一本4mなのでそれ以上の長さの所はもう一本つながなくてはいけません。
その際の鉄筋のつなぎ目はどうするの?

鉄筋を火であぶり鉄を溶かして接着する圧接。
鉄筋をラップさせて一体化させる重ね接手。

これらには鉄筋の種類、コンクリートの強度によって全部数値が決められています。

その他鉄筋の検査項目だけでも数十項目になります。
基礎はお家の基盤になるところなので確り知識のある専門家に依頼してくださいね。

住宅の現場監督は建築士や建築施工管理技士の資格は必須ではありません。
しかし、そういった知識があるかの一つの指標として資格を持っているということは大きいかもしれないですね。
ただ資格だけではないので。

カタログやサンプルが雑然と置かれており、まるで引っ越しの時のようです。
これは昨日の会社の様子です。

そうです、まさしく引っ越しの準備で古いカタログなどを振り分けているところです。
毎年商品が新しくなるたびに更新されるカタログたち。不要になるものもかなりの量です。
こう見るとカタログ等の紙もこれだけあるとエコではないですね。

20日に完全に事務所を移転しますので宜しくお願いします。
場所は現事務所の目の前ですので、気軽にいらしてください。