月: 2020年2月
  • 2020年2月19日
    鉄筋の検査

    昨日は知多市内の新築現場で基礎鉄筋の検査をしてきました。

    鉄筋の検査って何を検査するのかご存知ですか?

    設計図に基づいてきちんと鉄筋が組まれているのかを確認していきます。
    ここまでは専門知識がなくてもがんばれば検査は出来ます。

    現場と図面が一緒になっているか確認すればいいので。

    ここからが専門知識が必要なところです。
    例えば
    鉄筋が一本4mなのでそれ以上の長さの所はもう一本つながなくてはいけません。
    その際の鉄筋のつなぎ目はどうするの?

    鉄筋を火であぶり鉄を溶かして接着する圧接。
    鉄筋をラップさせて一体化させる重ね接手。

    これらには鉄筋の種類、コンクリートの強度によって全部数値が決められています。

    その他鉄筋の検査項目だけでも数十項目になります。
    基礎はお家の基盤になるところなので確り知識のある専門家に依頼してくださいね。

    住宅の現場監督は建築士や建築施工管理技士の資格は必須ではありません。
    しかし、そういった知識があるかの一つの指標として資格を持っているということは大きいかもしれないですね。
    ただ資格だけではないので。

    カタログやサンプルが雑然と置かれており、まるで引っ越しの時のようです。
    これは昨日の会社の様子です。

    そうです、まさしく引っ越しの準備で古いカタログなどを振り分けているところです。
    毎年商品が新しくなるたびに更新されるカタログたち。不要になるものもかなりの量です。
    こう見るとカタログ等の紙もこれだけあるとエコではないですね。

    20日に完全に事務所を移転しますので宜しくお願いします。
    場所は現事務所の目の前ですので、気軽にいらしてください。

    2020年2月9日
    見えないところが大事です。

    午前中は現在2世帯住宅を計画中のお客様と打ち合わせだったのですが、
    その時お持ちいただいたイメージスケッチです。

    現在そこに住んでおり、建て替え予定なのですが数十年住んでるため
    風や日光の当たり方まで熟知しており、いろいろ教えていただきました。
    それを踏まえてしっかりと家創りしていきたいと思います。

    こちらのお宅これからプランの作成を進めていくのですが、
    親世帯、子世帯ともに家族とはいえ、イメージしている生活、使い勝手は違いますよね。

    これからそれぞれにしっかりとお話を伺いながら進めていきます。

    午後からは、ミニマルなデザインが印象的なお家
    こちらの1年点検に行ってきました。

    新築時とほぼ変わらずすごく綺麗に生活されておりました。
    普段から物が多いのがあまり好きではないとの事でしたが、
    大事に使っていただいてるのを感じて、とても嬉しかったです。

    昨日も外は寒かったんですが、中に入らせていただくとホワッと暖かかったのですが
    普段暖房はたまにつけるくらいであまりつけないとのこと。
    それであの空気感・・・羨ましい限りです。

    断熱がしっかりしてないとそうはいきません。
    目には見えないところですが、そういうところが大事です。

    こちらのお客様家創りの段階からしっかりと計画されており、
    器具から仕様までいろいろ調べ、私たちでも知らなかったこともありました。
    それでも、実際に生活してみて
    ここをこうしとけばよかった。ということもありました。

    ただ家というハコを造るのではなく生活のイメージが湧くようにアドバイスし、
    今後もお客様と一緒に家創りの楽しみを共有していければと幸いです。

    点検して是正するところも速やかに対応をしていきたいと思います。

    2020年2月6日
    新商品内覧会


    業者向けに行われたLIXILの新商品内覧会に行ってきました。

    内部は撮影禁止だったので写真はありませんが
    現在採用を検討しているものがあり、
    でも、ショウルームにもまだ展示がない…
    それで今回内覧会で現物が見れるということでちょうどよかったです。

    図面でイメージは出来ますが、やはり現物を見て色々確認したいですよね。
    やっぱり見たこと無いもの付けるのは不安なので。

    今回外付けブラインドを目当てに行ったのですが、以前はドイツのメーカーのものを
    使用しておりましたが、納期の面、メンテナンスの面等を踏まえて国内メーカーでないかな。
    と思っていたところでした。

    外付けブラインドですが主な用途は日差しをコントロールすることです。
    パッシブデザインで最近よく採用されることが多くなってきました。
    ブラインドの角度を調整することで
    夏は日差しを内部に入れずに日陰を作り、
    冬は日差しを取り入れ内部をポカポカ暖めてくれます。

    自然の力をうまく使い光熱費も削減できるんです。

    しっかりと特長や使い勝手や見た目もチェックしてきましたよ。
    現物を見ないとお客様にもはっきりしたことを伝えることもできないので
    とてもいい機会でした。