2019年9月13日
【現場監督の家創り10】 建築家との打合せ5回目

今回の打合せテーマは内部仕上げ材についてでした。

まずは前回話をした間取りの修正図面を確認しました。
そしてもうひとつ要望を追加しました。
屋寝付きの駐車場が1台分だったのを2台分に増やしてもらうよう要望しました。
ここで課題なったのが耐震についてです。

耐震性能を評価する基準として耐震等級というのがあります。
一番丈夫なのが耐震等級3となり、2、1と下がって行きます。

全部が壁ならいいのですが、大きく壁を作らない場所もあるので
建築家からは耐震等級3は難しいですが…とのこと

私は即答で大丈夫ですと答え、耐震についての考えを共有することができました。
といってもカーポートよりよっぽど丈夫になります。

仕上げですが、まずは床
基本は無垢の床材を使用し、洗面とトイレは木だとメンテナンスが大変なため
ビニル系の水にも強い材料にしました。
選択のバリエーションも多いので色々なスタイルに合わせられると思います。

次に壁
リビングや廊下は漆喰にしました。
我が家は家で焼き肉をしないんです。なぜかと言うと家でやると焼き肉の臭いが数日残り数日不快だからです。
どこまで効果があるかはわかりませんが一度実験はしてみたいと思います。
それと,あるお宅で漆喰を使用した際に空気感がすごい良かったんです。
調湿と消臭を期待して決めました。

トイレが一回と2回にあるのですが1階は漆喰等の塗り材・2階はビニルクロスにしました。
我が家では唯一2階のトイレはビニルクロスです。
1階のトイレと2階のトイレの違いを実験するためです。
ビニルクロスは安価で水を通さないので張り替えが容易であったり、気密性もいいかも知れません。
長く住むにはどんな仕上げが良くてどのくらい持つのかを材料を変えて身をもって体感したいと思います。

住み始めて違いがわかると面白いですね。こういうのはショールームでは体感できないことなので。
完成後は予約制で公開いたしますので興味のある方はぜひ。

次回打合せはショールームに行き照明を検討します。
今回参考例として照明のプランとカタログをいただきました。

プランもカタログも私は見慣れていますが、家ごとに一緒ではないので家族含め確りと考えて行きます。