2019年8月20日
【現場監督の家創り6】 建築家との打ち合わせ3回目

知多市で家創りをする現場監督です。

今回の打ち合わせテーマは間取りと窓についてです。

前回プランを出していただき、とても使いやすと思っていたのですが、
帰って今の自分たちの生活動線と比べてみるとウォークインクローゼットが1階に
あった方が使いやすいことに気づきました。

我が家は洗濯物をハンガーに掛ける➔干す➔ハンガーパイプに掛ける➔着る

この繰り返しなので洗濯物を2階に運ぶ手間とハンガーを1階に下す手間が省ければと
ウォークインクローゼットを1階に変更しました。

ちょっとしたことですが、毎日となると結構な労力です。

次に窓サイズについて
今回はYKKのAPW330という樹脂サッシを採用しました。
サッシでは、東西南北の明かりの入り方と熱の入り方に注意してサイズと位置を検討しました。

よく聞くのは、西日が入ってきて眩しい、窓が大きすぎて夏熱い
窓を開けると隣の家の窓が…、天窓から雨漏り等々

実はこれらは窓の計画次第で防げます。むしろ快適な空間になりますよ。
やみくもに設置すると大変なことになるので私は窓にはいつもかなり気を使います。

最後に工程の説明を聞いて今日の打ち合わせは終了です。
お願いしている建築家の方は何度も一緒に仕事をしているのでいろいろ相談するのですが
今回は普通のお客さんと同じように進めてくださいとお願いしました。
他の人がどのように家創りを進めているのかは、お客にならない限り中々ない経験なので
いいところは参考にさせていただこうかと思ってます。

次回建築家との打ち合わせは内部、外部の仕上げ材についてです。