月別: 2019年7月
  • 2019年7月29日
    【現場監督の家創り4】 サッシ

    知多市で家創りをする現場監督です。

    昨日はサッシを見るために大名古屋ビルヂングのYKKショールームに行ってきました。
    目的はYKKの樹脂サッシを見るためです。


    外観、サッシの種類は各メーカー特に気になるほど大きな違いはなかったのでサラッと見るぐらいで
    樹脂サッシの性能は数値で分かっていましたが数値だけではわからなかったので体感ルームに入って体感してきました。


    アルミの単層ガラスとの比較でしたので対比としての参考にはなりませんでしたが樹脂サッシの良さは体感できたのでよかったです。

    子どもも飛び跳ねるほど体感できたようです。
    やっぱり体感は大事!!

    次にリビングの外にウッドデッキを計画しているのですが、涼しいい時期は外でご飯を食べたりしたいという思いからリビングからデッキに出るのに段差を付けたくなかったのと開口幅を広く取りたいのでその辺を探しに行きました。

    この辺は意外と種類少なく、選択の幅が少なくなってくるところなので慎重に見てきました。
    写真のようにフラットが第一条件、次にリビングから外を見た時の見栄え(サッシが景色を邪魔しない)、そのあとにガラスの色でした。
    外に出るのでも、フラットと段差が4センチあるのでは気持ちの面で個人的には大きな差があります。これは体感するとよくわかるかと思いますが、外用の靴への履き替え易さ?なのかもしれないですね。

    サッシでも枠の小さいものや開口幅の大きいものなど様々です。開ける時の重さや何かを持って出る時を想定した開口幅を体感しました。

    最後に色です。

    ガラスの色で反射率が変わります。Low-Eガラスと言われるやつです。
    よく見かけるのはLIXILのグリーンですが、クリアーのLow-Eガラスもあります。
    YKKの場合はブロンズ、ブルー、クリアーの3種類でした。
    反射率がいい方が太陽の熱を遮断してくれるからいいんじゃないの?と思う方も多いと思いますが
    一概にそんなこともないんです。

    私はリビングだけはクリアーと決めていました。

    それは冬の太陽熱を室内に取り込みたいからです。
    勘違いするといけないので熱と光(明るさ)は別です。

    逆に夏は熱を入れたくないのでそこは庇やブラインドで調整しようと考えております。

    南面は明るさのみを考えて天窓や大開口を作ると夏大変なことになりますのでご注意を!

    2019年7月10日
    もうすぐ海の時期です

    知多市・東海市・常滑市を中心に新築・リフォーム工事を行う高橋建設です。

    まだ梅雨で人はほとんどいなかったですが、昨日は海に行ってきました。
    と言っても遊びにいったわけではありません。
    海岸施設が劣化してきたのでその現地調査に行ってきました。
    これから2パターンの見積もりを作成して改善案を提案していきます。

    昨日会社にお電話いただき、「外部階段の手摺を設置してほしい。」とのこと。
    以前からお付き合いのあるお客様で、お話を伺いに行ってきました。
    会うとこちらがホッとするような和やかな雰囲気な素敵なご夫婦です。
    1年ぶりに元気そうな顔を見れていろいろとお話させていただきました。
    住みやすい環境になるよう工事の方もしっかり行っていきます。

    2019年7月5日
    【現場監督の家創り3】 実験

    知多市で家創りをする現場監督です。

    トイレで用を足したあとのにおいが気になる人はいないでしょうか?
    誰かの入った後や自分の入った後臭いが残っていて気分がいい人はいないと思います。
    私はそれがイヤでなんとかならないものかと考えていました。

    そこで、先日実験してみました。


    自宅のトイレなんですが、家族が寝静まってから現場で余った材料を使用して
    漆喰を塗ってみました。

    余り材だったので全面は当然塗れなかったですが2面だけ塗ることが出来ました。
    漆喰を塗るプロではないので仕上がりは気にしません。
    自分で塗るとへたくそでも自然と愛着が湧いてきます。
    しかし、固まるまでの時間や隅の塗り方など職人さんの苦労も身をもって体感できたので
    それは良かったです。

    当然ですが、朝家族が起きてくるとクロスだった壁が半分白いものが塗ってあるわけですから
    予想通り「なにこれ~~!!!!」の言葉をいただきました。

    漆喰と言っても主原料が違ったり、国産のもの、スイス、ドイツ等々いろいろです。
    接着剤や混合物の割合が多いものだと消臭、調湿といった機能に影響がでてきて
    漆喰風になってしまうので気を付けてください。

    今回は大理石の骨材と石灰を主成分とした純度の高い漆喰を使用しました。

    翌日には表面が乾いており、強アルカリ性なので塗った後は多少の匂いはありましたが、
    2、3日で漆喰の匂いも消えました。

    結果、塗ったのは2面でしたが用を足した後の匂いが見事に消えました。
    今までは数値上でしかわからなかったですが、自身で体感できたので
    凄い収穫でした。

    トイレに漆喰いいですよ。

    2019年7月4日
    不安に感じたらまずは確認を!

    知多市・東海市・常滑市を中心に新築・リフォーム工事を行う高橋建設です。

    「屋根の棟にを固定している紐が切れてて瓦が飛ばないか不安なので見てほしい」
    と連絡をいただき、阿久比町に行ってきました。

    伺ってみると確かに瓦の紐が切れている箇所がありました。
    紐も銅でできた線を使い、一般にはあまり出回っておりません。

    そのほかに鬼瓦と呼ばれるてっぺんの両側にある瓦も漆喰が剥がれており、
    和瓦も割れているところがありましたので
    一緒に修繕することになりました。

    お茶と和菓子までいただき、いろいろとおしゃべりさせていただきました。
    ありがとうございました。


    こちらは知多市の新築現場
    先日上棟し、今日は金物の検査を行ってきました。
    この金物が建物の強度を支えてる大事なものになりますので
    しっかりと全数チェックしてきました。

    大工さんがしっかり図面を見て工事していただいてるお陰で金物も完璧でした。
    いつもありがとうございます。

    検査は現場監督、設計者、第三者機関でトリプルチェックを行っているので
    最終的に金物の抜けがあることはまずありませんね。

    梅雨時期で湿度が高いと熱中症のリスクが高くなりますので
    皆様塩分と水分の補給はこまめに。

    2019年7月3日
    チームです。

    知多市・東海市・常滑市を中心に新築・リフォーム工事を行う高橋建設です。

    いつもお世話になってるクリーニング屋さんです。

    昨日はアパートの改修工事が最終段階なのでクリーニングに入って頂き、
    次の入居者さんが気持ちよく入れるようにしてきました。

    クリーニングといっても服をきれいにするクリーニングではなく
    ハウスクリーニングといって建物専門で仕上げ工事が終わってから
    最後にサッシや床などきれいにしてくれます。

    ホコリをとるのはもちろん、エアコンの内部洗浄、カーペットの洗浄、頑固な汚れ、
    ワックスがけ等々ハウスクリーニングといっても内容は多岐にわたり、
    教えていただくことも多々あります。

    この職人さんも長い付き合いだからこそ、
    不備があればズバズバ指摘もいただきますし、
    私のめんどくさい細かい質問にも答えてくれて
    こちらの要望もダイレクトに伝えます。

    そんな関係性の職人さんたちと一緒に仕事が出来ることに感謝です。

    2019年7月2日
    雨戸がでてきません!!

    知多市・東海市・常滑市を中心に新築・リフォーム工事を行う高橋建設です。

    昨日の朝
    「雨戸が出てこなくて困っています。そんなことって見てもらえますか。」
    と連絡がありました。

    もちろんです。

    こういう細かいことは、どこに連絡していいのかわからない方が多いようです。
    そんな方のお役に立てるように私たちがいるのですから。

    伺ってみると男の力で引っ張り出そうとしても確かに雨戸が出てきません。

    問題はレールと戸車にありました。
    そこだけ取替てあげればまたスムーズに動くようになりそうです。

    業者さんによってはすぐに取替です。と言われてしまう場合もありますので
    要望を聞いて提案してもらえるような信頼できる業者を探しておくと
    困ったとき安心できるかもしれませんね。